【東京レイヴンズ4話】京子は夏目が好き!?塾に咲くのは百合の花?【感想】


東京レイヴンズ #04 「RAVEN”S NEST -学舎-」

●新生活がはじまる

 冒頭は寮(?)の部屋で感慨に耽る春虎。そして窓を開け空を見上げながら

「空、たっけー」

とこれからの生活に期待を膨らませる。見上げる空は目標とする遥かな高み。新しい生活に思いを馳せて、高揚する春虎の気持ちが良く表されている。

●OP考察

 OPの冒頭で夏目が、格子戸に閉じ込められているシーンがある。格子戸は絡まる因果、運命の檻。家柄・出自などにより人生が決められ、運命に囚われている事が暗示されている。そう言えるのは、後述する格子窓の演出がこれと繋がったから。

 また、春虎、冬児、倉橋京子、百枝天馬(?)が円形に配置された柱に囲まれ、鳥かごに捕らわれているかのよう。春虎達も運命の檻に囚われている事が示唆されている。

「鳥達の嘆きの声」

この歌詞のところで映される鳥かごも同様の演出。

 ただ、夏目にだけ横方向の格子が加わっているのに意味があるとすると・・・・朴念仁の春虎は縛られず、夏目が縛られているもの・・・・それは恋する思い・・・・なのかも?

●将棋

 OP明けて、陰陽塾にやってきた春虎と冬児。そして塾長室で塾長から

「私が塾長の、倉橋美代です。貴方達が、夏目さんの飛車丸と角行鬼と言う訳ね」

こう自己紹介を受ける。そして美代は夜光が将棋好きだった事も2人に話す。飛車丸と角行鬼は夜光の式神。夜光が好きだった将棋の飛車と角から取られた名前だと思われる。

 また、後にコンを呼び出した時、春虎の部屋の棚には王将の置物が置かれていた(因みに、冒頭の部屋では棚に何も置かれていなかった)。これは春虎が王将=夜光である事を示す遊び心
・・・・の筈。

●塾に咲くのは百合の花?

 話を戻して、その後塾長室に春虎達の担任・大友陣がやってきて、春虎達は教室に移動する。そこで春虎と冬児が自己紹介すると、生徒の1人・倉橋京子が

「おかしくありませんか、この時期に突然編入なんて。本来なら来期まで待つ筈でしょう?彼が土御門の人間だからですか?」

と絡んでくる。

 ムキになってそれに反論する夏目。問題はその時、京子が頬を赤く染めている事。夏目が好きでついちょっかいを出してしまうとか、夏目と仲の良い式神が塾にきたのが面白くないとか、京子が百合なら男なんて汚らわしいとか(笑)、そんなところだろう。

 ・・・・この演出単体だったらスルーしたんだけど、格子窓の演出に繋がっちゃったので・・・・。

●格子窓は・・・・

「し、心配する事ないよ。妬くなんて、ボク冬児とそんな親しい訳じゃないし・・・・だ、だから、ボクが一番親しいのはやっぱ春虎だから!」
「春虎、冬児・・・・これから一緒に頑張ろう!」

 その次の休み時間に、照れてモジモジしたり、満面の笑顔を浮かべたりでこう言う夏目がとっても可愛い!(萌)。

 そして夏目は特別カリキュラムがあると教室を出ていく。そこで冬児はクラスメイトの百枝天馬に話しかけ、京子について話を聞く。

 この時、春虎は席に着かず2人の机の前にくるけど、それは春虎が格子窓を背負わないようにするため。

 逆に京子はここで目の細かい格子窓を背負って映される。京子は現在最も権勢を振るっている倉橋家の娘。上のOP考察で書いたように、格子は京子が家柄・出自などにより因果、運命の檻に囚われている暗示。

 問題はそれが縦だけじゃなく、縦横の格子だった事。横の格子は恋の呪縛・・・・かもしれない(笑)。

 1個ずつは弱いんだけど、これが頬を染める京子の演出と繋がってしまったので、かなりそれらしく見えてくる。意図的に春虎に格子を背負わせないようにしてるし・・・・。

 よって、京子が夏目に好意を寄せている可能性はかなり高い。問題は京子が夏目を男と女のどちらと認識しているのかという事・・・・まあ、百合の花でも全然構わないんだけど、塾に咲くのは一体・・・・?(笑)。

 それにしても、生徒達にはあんなに可愛い夏目が男に見えてるんだろうか・・・・?男に見える術か何かを使ってる・・・・とか?

 あと冬児と塾長(笑)もここで格子を背負っている。窓が遠かったり、カーテンに隠れて狭い範囲しか見えてなかったりするんだけど・・・・冬児も春虎夏目に片思いしてたり、塾長も昔夜光に恋してたり・・・・するのかもしれない(笑)。

●春虎は脳筋

 その後、テストで0点を取ったと知り、春虎に特訓を迫る夏目。

「(前略)大丈夫、寝なくて良い術を知っている。副作用を気にしなければ1週間はいける」
「副作用?何?どういう事?俺どうなっちゃう訳・・・・?」

こんな夫婦漫才をやっていると、また夏目の特別カリキュラムの担当がやってくる。仕方なく特訓のために図書室で借りる本のリストを春虎に渡し、夏目は教室を出ていく。

 でも、そのリストを紙飛行機にして飛ばす春虎。

「頭の良くなる術ってねーかな・・・・」
「頭の悪そうな術だな、それ」

こんな脳筋な会話をしていると、紙飛行機は壁に当たって床に落ちる。

 これは本の勉強は春虎には無理だと言う事を示す演出。でも後の春虎の台詞より、勉強する気はあって、式神の試合に出る事にした流れから、頭ではなく体で覚えるタイプ、という事だろう
・・・・まさに脳筋(笑)。

●変態成敗!

 夜、部屋に帰ってベットに突っ伏す春虎。そこで父親に貰った式神の事を思い出し、コンとはじめて顔を合わせる。最初から好感度ゲージが振り切れて、照れまくるけど一生懸命話すコンがメチャ可愛い(萌)。

「さ、触って良い?」

 そんなコンに我慢できず、早速手篭めにする春虎だけど、そこに図書館の本を持った夏目がやってきて無事成敗される事になる・・・・うん、だいたい合ってる(笑)。

●信者ではなく儲

「予想以上に影響が出ておる」
「ですね、残念ながら」
「会の者どもは慎重過ぎるのではないか?王は既に証を立てておられるのだぞ」
「できれば、もうしばらくは自重していたいのですがね」

 シーンが変わり、怪しい背景をバックにこんな話をするおっさん達。王=王将=夜光、で美代が言ってた夜光信者儲って連中っぽい。そして最後に映った手は、夏目の特別カリキュラム担当と同じ色の背広で覆われていた・・・・。

 次の日の授業中に腑抜けていた春虎に、また京子が絡んでくる。それに怒ったコンが京子に絡み返して、結局春虎と京子で式神勝負をする事になる。そして試合がはじまったところでEDへ。

●春夏秋冬

 あと将棋といえば、子供の頃、なんか春夏秋冬の駒を見たような気がしたんだけど・・・・ググってもそれらしいのが出ない・・・・麻雀牌と間違えた訳でもなく、あの五角形の駒に赤字で書かれてた気がするんだけどな〜・・・・。

 ・・・・まあ、切っ掛けは置いておいて、そこで気付いた事が。

春虎、夏目、???、冬児

で春夏秋冬になる。
よって"秋"の名前を持つ重要キャラがそのうち出てくる筈。そして、そうだとすると冬児が本当に重要キャラである事になる。ただ、その意味がまだわからない。

 夜光の転生先=春からはじまり、子供の頃に出会った夏、???、最近知り合った冬。と時系列順と見る事もできるけど・・・・前世から夜光が転生の為に用意した駒の4人だとすると・・・・うーん、わからない(笑)。

 こんな感じで、新章がはじまって新キャラが出たり、変な儲が出てきたり、また物語が動き出した今回。コンはどのくらい強いのか?生徒達はいつ夏目の男装に気付くのか?京子は本当に百合なのか?(笑)とか色々気になるけど、多くの謎を残したまま次回に続く!


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2013年10月31日 20:31 by 元会長
カテゴリに移動する| 東京レイヴンズ |
スポンサード リンク


この記事へのコメント
この4話はおそらく、新キャラ勢の顔出しを一度に済ませておきたいという製作サイドの意図があるようにも思えますね。今回だけで原作小説第2巻の約半分が消化されています。

会話や展開の合間が非常に短く取られているためにやや展開が早足な印象がありますが、この時点において必要な内容は原作からほぼ全て回収されています。個人的にはこの4話、かなり上手く原作を纏めたなという印象。一方で、間の短さ故に余韻がないというか、登場人物達の心情がやや伝わりにくかったかも知れません。

>OP考察
意味深なフレーズが多く含まれた、このOP。演出面でも、歌詞の面でもそうですが、この作品と強くリンクした内容になっています。考察しがいがありそうな部分が実はいくつもあったり。

その他の考察内容は…現時点では何を言ってもネタバレになりそうであまり触れられそうにない(笑)。
Posted by 名無しです at 2013年11月01日 02:03
夏目の男装がバレない理由
1番の理由はネタバレになるので
言えませんが複数ある理由の中で
ネタバレにならないものを。
まず夏目が重度のコミュ障だと
いうことがあるんです。
アニメでは基本的に春虎や冬児が
いるので普通に見えますが
クラスメイトとも入学から半年間
事務的な会話しかしてません。
つまり話さなければボロも出ない
ってことなんです。
それからさらしがいらないほど
貧乳なのもバレない理由です笑
まぁ1番重要な理由は
全然別なことなんですけどね。
Posted by 74 at 2013年11月01日 02:33
名無しさん、74さんコメントありがとうございます。

>今回だけで原作小説第2巻の約半分が消化されています。
>この時点において必要な内容は原作からほぼ全て回収されています。
なるほど、確かに名無しさんが書かれているように上手くまとまっていましたね。

>考察しがいがありそうな部分が実はいくつもあったり。
OPは最初モノクロの森→後で色付きの森が気になってますが
まだその意図がわかりません(笑)。

>まず夏目が重度のコミュ障だと
中の人を知っていると、最初に京子と夏目が揉めた時の
「あの夏目君が」という天馬の台詞が、
モブのざわめきの中でやたら印象に残ったんですが(笑)、
夏目のコミュ障を印象付ける為だったのかもしれないですね。

>貧乳なのもバレない理由です笑
京子と比べたら胸囲の格差社会でしたね(笑)。

こんな感じですが、宜しければまたお越し下さい。
Posted by 元会長 at 2013年11月01日 23:48
名前に秋がつくキャラが登場するのは原作では発売したばかりの10巻です。

ちなみに原作では1〜9巻までが第1部で、10巻からが第2部になります。
Posted by MN at 2013年11月06日 19:00
MNさんコメントありがとうございます。

10巻という事は、そのキャラが出るのは2期になりそうですね(笑)。

原作の補足ありがとうございます、
また何かありましたら、お気軽にコメントして下さい。
Posted by 元会長 at 2013年11月06日 23:14



この記事へのトラックバック

東京レイヴンズ 第4話「RAVEN”s NEST -学舎-」
Excerpt: 陰陽塾に中途で入塾した春虎と冬児を迎えてくれたのは老女の塾長・倉橋美代と右足が義足で京言葉を話す担任の大友陣(喋りに違和感ないので確認したら中の人はネイティヴのようですね。下手な京言葉ほど聞き苦しいも..
Weblog: ボヘミアンな京都住まい
Tracked: 2013-11-02 14:13


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。