【アイドルマスター シンデレラガールズ6話】無理に背伸びする未央を、胃薬飲んで支えたい!【感想】


アイドルマスター シンデレラガールズ
第6話「Finally, our day has come!」

さて、サブタイは「ヒャッハー、遂に私達の時代が来た!」って感じでしょうか。鳴り響く祝福の鐘に踊りださずにはいられない、って気分になりますね!(震え声)。

そんな明るく楽しい回のはずなのに、冒頭のミキサー室(?)がなんか暗くないですかね。ライブ前後のシーンの舞台裏もなんか暗いし・・・・節電、かな・・・・。

●無理して背伸びしてしまった未央

でも、冒頭のレコーディング室で歌う未央は元気一杯、腕まで振り上げて熱唱してます。だから、未央がレコーディング室から出る時、ドアノブを支えにして少し息を切らせていました。

『無理して頑張ってるから、何かを支えにしないと立つのも辛い』そんな未央の演出です。

OP明けのインタビューでも、未央はやりたいことを意気込んで並べながら、両手をテーブルについていました。

「私がリーダーだし、頑張って喋んなきゃ〜と思って!」

インタビュー後も、未央は卯月達に熱くこんな思いを話します。ソファーではなくその背もたれの上に座りながら・・・・空回りして支えなしでは立てなくなりつつある心がその姿勢にも表れていました。

凛や卯月は普通に座っていますが、美波やアナスタシアが加わってからも未央はずっとその体勢でした・・・・。

ダンスレッスンの後も、凛は立ったまま、卯月は腰掛けているのに、未央は床に足を投げ出して座り、両手で上半身を支えています。

一方、「一杯怒られちゃった」と落ち込む卯月ですが、現在の自分の実力を客観的に把握しており、それに見合った無理をしてるだけです。

後のシーンで、一人でダンスのことを気にしてたり、ダンスの練習をしてたりしますが、『身の丈にあった無理』なのです。

だから、卯月(や凛)は普通に座れているのです。

しかし、夜スマホで友達に電話をかける未央は、遂にベッドにうつ伏せに寝てしまいました。一方、凛や卯月は自室でもちゃんと座っています。

未央は気づいていなかったのです、自分がしてることがもう座ることすら辛いほど、身の丈にあってないことだということに・・・・。

あと卯月の部屋に化粧品が沢山ありましたが、やっぱスキンケアやヘアケアに気をつけてるんだな〜って思いましたw

その後も、噴水の側でダンスの練習をする卯月に、未央と凛が声をかけますが、普通に立っている凛に比べ、未央は片足を曲げ休めの姿勢になっていました。

そしてライブ直前に、かな子達が楽屋に来ると、未央達は三人とも椅子から立ち上がります。しかし、未央はすぐ座ってしまいます。だから、遅れて美嘉が来た時、未央だけがまた立ち上がったのです。

●武内Pの心の壁

武内Pが、そんな未央の様子に気づいたら良かったんですが・・・・。

1〜3話レビューで書いたように、男は信頼関係を結んだら(相手を一人前と認めたら)、その後はあまり気を遣いません。

だから、三話でライブをやり遂げた未央達なら大丈夫だと思ってしまった、油断、慢心してしまった、その可能性があります。

でも、それだけじゃないのです。

まず、武内Pと部長(?)が何か意味深なことを話すシーンがありました。武内Pは過去に何かアイドルのプロデュースでトラブっている、そんな含みがありました。

更に、噴水の側で話す未央達を、『ガラス窓』越しに武内Pが見つめる演出が入っていたのです。いくら風景が透けて見えても、窓は外と内とを確かに区切っているのです。だから透明な窓は、見えない『心の壁』の暗示なんです。

そう考えると、5話レビューで書いた、(武内Pが感じた)重く大きな扉は、アイドルデビューへの厳しい道のり、外的要因ではなかったのです。

アイドル候補生の間は良いけど、アイドルになったら、自分がプロデュースしたら、またトラブってしまうかもしれない。そんな武内Pの内的要因、心の壁を暗示していたのです。

●三話との違い

ライブ直前に、未央がカーテンから会場を覗きました。そして会場の明かりが僅かに、でも確かに、薄暗い舞台裏に差し込んだのです。問題解決に繋がる僅かな光明が・・・・。

しかし、恐らく上に書いたような理由で、武内Pはその未央の様子から問題を把握することができませんでした。

だから、今回武内Pがほとんど未央達と会わなかったのは、コミュニケーションができてない演出でした。逆に3話で、武内Pが頻繁に未央達の練習を見ていたのは、1〜3話レビューで書いた通り、ちゃんとコミュニケーションができている演出だったのです。

男性の感覚では影でちゃんとやってるなら良いと思うのですが、やっぱり駄目なんですね・・・・w

●どうしてこうなった?

でも、どうすれば良かったのでしょうね・・・・武内Pが勇気を出してもう一歩踏み出せていたら?

「今日の結果は、当然のものです」

これをもう少し上手に言い換えられていたら?

未央が無理していることを、本人か周りの卯月達が気づけていたら?

・・・・当ブログの基本方針としては野郎に全責任を負わせる訳ですが、ちょっと武内Pが可哀想な気もします・・・・w

でも、一週間前に6話のサブタイを見た時は、マジで「ヒャッハー!」なイケイケ回かと思ってました・・・・実際は「ヒャッハー!(フラグ)」でしたけどw

一応、5話の大きな扉の演出が伏線と言えば伏線でしたが、まさかこんな不意打ちをされるとは思わなかったですw

おかげで胃薬が美味しくて止まりません・・・・何か次のサブタイも不穏ですが、次回こそは良い方向にいってくれると信じて、

アイドルマスター シンデレラガールズ
第7話「I wonder where I find the light I shine...」

に続きます!


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2015年02月17日 03:31 by 元会長
カテゴリに移動する| シンデレラガールズ |
スポンサード リンク


この記事へのコメント
未央の張り切りが嫌なフラグに感じられてなりませんでしたが、それでもせいぜい小さなつまずき程度で済むかと思っていたら…ガラスの靴のヒールがボッキリと;
ここまでの話になってしまうとは予想外でした(^^;)

自分は未央推しですけど、今回は武内Pの方に同情…
男に厳しい元会長さんも「可哀想」と感じられたということで、次回は(未央だけでなく)プロデューサーさんにも救いのある展開になって欲しいですね(^^)
Posted by tara at 2015年02月17日 22:36
taraさんコメントありがとうございます。

僕もサブタイを見て油断してたので、こんな話になるとは全然思ってなかったです。

押しメンは・・・・原作やってないので当分はスポットが当たった子を転々と、みたいな感じでしょうか・・・・なので今ならみくにゃんですねw
(未央が掘り下げられるのは次回からだと思うので)

あと武内P、っていうか男キャラを僕はそんなに気にしない方だと思ってます。

ただ、今回の未央みたいに女の子キャラにも問題があるかな〜って時に、(理不尽だとは思いつつ)女の子をフォローするためなら武内Pが悪いってことで良いよね、みたいなw

だから半分はネタなので、武内Pの活躍にも期待していますw

こんな感じですが、宜しければまたお越し下さい。
Posted by 元会長 at 2015年02月18日 00:33



この記事へのトラックバック

THE iDOLM@STER シンデレラガールズ BS11(2/13)#06
Excerpt: 第6話 Finally, our day has come! CDデビューが決まり録音、両ユニットに取材が訪れる。何を話せば良いのか分からず右往左往する。LOVE LAIKAは事前に想定問答を考えてい..
Weblog: ぬる〜くまったりと
Tracked: 2015-02-17 10:09


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。