【神様はじめました◎ 6話】流れるだけで面白い!鞍馬の歌で良い〆だった!【感想】


神様はじめました◎ 06「神様、小天狗にあう」

●舞い散る想い

まずは冒頭で、ミカゲが消えてから周囲を舞い散る紙吹雪は、散ってゆく想いの暗示です。

遥かに寿命の短い人間があやかしに恋をしても良いのだろうか?と悩み散りはじめた、奈々生の恋する想い。

奈々生とは話していたのに巴衛が駆け寄ると消えてしまったミカゲを見て散りはじめた、巴衛のミカゲを慕う想い。

そして心配しつつも巴衛のためにと敢えてその親心を散らしたミカゲの想い。

それらの美しくも切ない想いが、煌く紙吹雪となって辺りに舞い落ちていました・・・・。

OP直前の、白く霞む景色の中にポツンと立つ奈々生の画は、ミカゲの意図がわからない、思考がまとまらず空「白」となった、何だかぽっかりと穴が開いてしまったような奈々生の心を演出していました。

なのでOP明けて、大国主と話すシーンで、奈々生はマフラーを首に巻いています。心が冷えて寒かったから・・・・。

しかし、奈々生はずっと巴衛を見てるのに、巴衛はずっとミカゲが消えた空を見つめていて・・・・どう考えても、ミカゲが最大の恋敵ですねw

●人とあやかし

その後、奈々生は夜切車で待つ巴衛達のところにやってきます。でも、そこで巴衛が差し出した手を、奈々生は掴めませんでした。

「私と・・・・巴衛の間には、大きな壁が、立ちはだかっている」

そして奈々生はこう独白し、その壁は人と人ならざる夜切車の段差として演出されていました。

また、次のシーンで巴衛が夜切車の障子を開けずっと外を見ているのは、巴衛があやかしではなく人の世界、奈々生のことをずっと見ようとしている暗示です。

●霧仁のデレ

その次に毛利邸(霧仁の実家)が映されますが、一階部分がほとんど見切れて屋根だけが映っています。

普通の人間なら、まず人が主に生活する一階部分を見るはずです。なのにここでは一階と庭が隠れていてどんな家か、どんな暮らしなのか全然わかりません。

中身が妖怪の霧仁は人と視点がズレていることが演出されていました。でも、それは暗く冷たい地中ではなく、白く霞む青空に向かってズレているのです。

だから、花の首を落としつつも、母親がやってくると(恐らく)そんな姿を見られまいと霧仁は姿を隠したのです。着々とデレてますね、この人w

●奈々生とヒメミコ

だから、そのあとの(恐らく)奈々生の乗る電車が轟音を立てて通り過ぎるシーンは、霧仁と奈々生の揺らぎさざめく心を演出しています。

その後、奈々生が地元の駅に降り立ちますが、肩には旅行バックがずっしりと圧し掛かっていました。巴衛にこのまま恋し続けて良いのかどうか、その悩みが心に重く圧し掛かっていたから・・・・。

でも、そんなところに沼皇女(ヌマノヒメミコ)が通りかかり、奈々生の悩みを察してデートに誘ってくれました。

そしてヒメミコは奈々生の旅行バックをお供に持たせ二人で町に繰り出します。これはヒメミコが奈々生の心の重荷を取り払ってくれるという暗示です。

更に、二人はデートの途中で着物に着替え、奈々生は心の冷えの暗示であるマフラーまで脱ぐことができました。

また、バックの一期OPの奈々生Ver.がそんな奈々生の心情にぴったりでした。そしてそんな曲をバックに、デートを楽しむ二人がとても可愛かったですw

しかし、街中の店だけでなく、風情ある観光名所、由緒ある史跡っぽいところも色々回っていて、ちょっとした観光旅行のようでしたw

その後、奈々生は立ち寄った甘味処で巴衛に恋をしても良いのだろうかと悩みを打ち明けますが、

「それは違うぞ奈々生。何も言わなければ、何もはじまらぬ・・・・わらわとコタを結んでくれたのは奈々生ではないか。(後略)」

ヒメミコはこう言って奈々生の背中を優しく押し出してくれたのでした。

その後、奈々生はまたマフラーと制服姿に戻りますが、夕日が染み込んだその体は茜色の温もりに包まれていました・・・・。

●鞍馬は愛されキャラ?w

そして小天狗に会ったり、鞍馬が鞍馬山の跡取りだとわかったりで、最後は鞍馬の歌で〆でした。

一期でも鞍馬の特殊EDがあったけど、鞍馬の歌は流れるだけで面白くなってズルいですw

更にバックには今までの鞍馬のシーンが次々と映され、何だか感慨深いEDになっていましたw

といったところで、

神様はじめました◎ 07「神様、鞍馬山へいく」

に続きますw


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2015年02月21日 21:59 by 元会長
カテゴリに移動する| 神様はじめました◎ |
スポンサード リンク


この記事へのコメント
奈々生ちゃんのマフラーにそんな意味が!
ひめみことの買い物デートで一気に空気が明るくなりましたよね。1期OPの奈々生ver.も良かった♪

鞍馬の歌は本当に反則な飛び道具ですよね…「いいぞもっとやれ」状態ですが(^^)
ギターの意味w
Posted by tara at 2015年02月22日 18:18
taraさんコメントありがとうございます。

今回は奈々生にスポットが当たり、奈々生について書くことが沢山あって良かったですw

鞍馬は一期でも3回くらい特殊EDがあって、ダントツでスタッフに愛されてる気がしますねw

巴衛とか相手だと普通に怒ることが多い奈々生に、ジト目で突っ込みを入れられるのも、愛されキャラの鞍馬ならではだと思いますw

こんな感じですが、宜しければまたお越し下さい。
Posted by 元会長 at 2015年02月23日 21:17



この記事へのトラックバック

神様はじめました◎ テレ東(2/16)#06
Excerpt: 第6話 神様、小天狗にあう 公式サイトから神議りの宴の席で、捜していたミカゲに会うことができた奈々生。しかし、思惑があるミカゲは、巴衛とは会わずに姿を消してしまった。ミカゲから人間と妖の 恋が禁忌であ..
Weblog: ぬる〜くまったりと
Tracked: 2015-02-21 22:28


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。