【Charlotte(シャーロット)7話】奈緒の目的は、有宇を荒ませその能力を強化すること?【感想・考察】


Charlotte 第07話「逃避行の果てに」

さて・・・・今回、非常に変な作りになっていて、変なことが起こっている伏線、ヒントなのかな〜? って感じなのですが、とにかくなんか変な感じですw

●歩未は本当に死んだのか?

まず、目覚めた有宇が医者に歩未のことを尋ね、

「残念ながら、お亡くなりに・・・・」

と医者が答えるだけで歩未に関する説明が終わり、いきなり歩未の遺影が映されます・・・・。

普通は病室に奈緒達がいて、瓦礫の下敷きになったはずの有宇がどうして死ななかったのか、高城が瞬間移動で助けたのか、運が良かったのかなどの説明があるはずです。

更に有宇に、重機などで瓦礫を片付けていたら、瓦礫の下から歩未の遺体が出てきたと告げ、瓦礫の影から覗く血まみれの地面と歩未の腕や髪なんて回想シーンを映すことで、視聴者も初めて歩未が死んだのだと実感できるのです。

なのに、それをすっ飛ばしていきなり遺影を映されたら、ちょっと面白くなってしまって、シリアスな笑いを取りに来たギャグ演出なの? なんて思ってしまいます・・・・。

まあ、その可能性はないと思いますが、でも、歩未が死んだってのは奈緒が仕組んだ狂言なのでは? と思わずにはいられません。

それ以外にも、前回意味ありげに出てきた目時や、前回ラストで意味ありげに佇んでいた熊耳のことにも、今回は最後まで全く触れず、投げっぱなしです。

尺がなかったうんぬんじゃなくて、意図的に情報を隠している・・・・ようにしか見えません。

●奈緒(達)が冷たすぎる

次に、有宇が寝ていた病室は勿論、歩未の葬式にすら奈緒達は姿を見せませんでした。

しかも、何日後かに柚咲と高城はクリームシチューを持ってお見舞いに来ますが、奈緒はおそらくメールすら入れていません。

●奈緒の本当の目的は?

まあ、実は奈緒はずっと能力で姿を隠し有宇を見張っていて、

「(歩未の死に)あたしも責任を感じてるんです。あの時あたしが取った判断は不適切ではなかったのか。すぐに歩未ちゃんを安全な場所に確保すべきだったのではないか、とです。
だから、あたしは貴方が立ち直るまで付き添う。そう決めたんです」

後にこんなことを言いますが、本当にこう思っているなら葬式にちゃんと顔を出すはずです。
(奈緒達が来ていたシーンをカットしているだけで、実際は葬式に来ていた可能性もあります。でも、『何も裏がないのなら』、参列者に混じって奈緒達が来ていた、そんなシーンを数秒映すだけでいいのにわざわざカットする理由がありません)

何より、普通は白柳弓のようにまず荒んでいる有宇を立ち直らせようと、外に出ようだとか、ちゃんとした食事をしようだとか、説得、話をしようとするはずです。

でも、奈緒は『有宇が荒むのは止められないと初めからわかっているかのように』有宇を説得する、話をするというプロセスをすっ飛ばしました。

だから、奈緒は有宇のことを全く信用していません。説得してもどうせ無駄だから、と。

しかし、それも変な話です。だって、奈緒は歩未の秘伝ピザソースにまつわる話を知っていて、有宇が一週間くらいカップメン漬けの生活を送った後なら、いつでも有宇をこちら側に引き戻すことができたはずなのです。

だから、むしろ奈緒は限界ギリギリに荒むまで有宇を見張っていた、予定通りのレベルまで有宇が荒んだから姿を現した、そんな風に見えてしまいます。

そして奈緒は、そこまで荒んでいても有宇を絶対に引き戻せると答えを知っているかのようにオムライスを作るのでした・・・・。

じゃあ、奈緒がなんでそんなことをしているのかというと・・・・

まず、能力はおそらく何かしらの不幸に遭って発症すると思われます。そして有宇の能力はおそらく母親を失ったことによるものです。

だから、更に歩未を失うことで、有宇の能力を強化するか、二つ目の能力を発症させる、そんな目的がある・・・・ような気がします。

●有宇がレベルアップ?

現に有宇は、細山田に絡まれ戦うシーンの最初で、死角・背後にいる男に乗り移りました。

「視界にいる人間にしか乗り移れない」

1話では有宇がこう言っていて、今まではその言葉の通りだったのに、その制限がなくなっています。

●サブタイの意味は?

あと、奈緒が有宇を連れて行ったのが「誰もいない」高城の実家、というのも気になります。どうして自分の部屋、学生寮に連れて行かなかったのか?

おそらく有宇が電車で数時間移動したであろう場所なので、学生寮は遠すぎた、たまたま高城の実家が近くにあって、有宇を見張る拠点に使っていたから、などの理由も考えられますが・・・・。

奈緒だけは目時に顔が割れていて隠れる必要があって、有宇が学生寮にいた時も奈緒がずっと姿を消していたのはむしろそれが理由だった・・・・だから、サブタイの「逃避行」がかかっているのは奈緒だった、なんて妄想がどんどん膨らんでしまったり・・・・。

と、また取り留めのない話をしたところで、

Charlotte 第08話「邂逅」

に続きますw


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2015年08月16日 03:41 by 元会長
カテゴリに移動する| Charlotte |
スポンサード リンク


この記事へのコメント
久し振りのコメント失礼します<(_ _)>
レビュー、興味深く読ませて頂いています。『Charlotte』も『アイマス』も『忍殺』も(^^)

裏で何かが動いてるような…奥歯に物が挟まったような…
そんなムズムズする描写がチラホラありましたね。やはり一番しっくりしないのが妹ちゃんの“死”…

逃避行にずっと同行していた奈緒が何を思ってギリギリまで傍観に徹していたのか、この辺りの舞台裏も今後語られるのか気になるところです。
Posted by tara at 2015年08月22日 22:05
taraさんコメントありがとうございます。

taraさんのブログは、今期だと「実は私は」「WORKING三期」「のんのん二期」とか、僕が見てるけどレビューしてないものを多く書かれているので、シャーロットのレビューとかと合わせて楽しく拝見させて頂いていますw

シャーロットは色んなことを隠してそうな演出が数多くあるのですが、8話でもその意地悪が続いていて、答え合わせが待ち遠しいです・・・・w

こんな感じですが、宜しければまたお越し下さい。
Posted by 元会長 at 2015年08月23日 12:42



この記事へのトラックバック

Charlotte TokyoMX(8/15)#07
Excerpt: 第7話 逃避行の果てに 病院で目覚めた由宇。妹の歩未は亡くなっていた。一つでも恩返し出来たかな。まだ何も返せていない。もう返したくても返せないじゃないか。 茫然自失状態の由宇、引き篭もってTVを付けて..
Weblog: ぬる〜くまったりと
Tracked: 2015-08-16 11:53

Charlotte 第七話「逃避行の果てに」
Excerpt: 正直言って、期待値が高すぎた感はありましたけどね。 少なくとも第六話までかけての大転換期を仕掛けた割には、インパクトが薄いというか、 同期の「がっこうぐらし」と比べると仕掛けの順番は逆とは..
Weblog: がっちの言葉戯び
Tracked: 2015-08-16 20:03

アニメ感想 『Charlotte』第七話「逃避行の果てに」
Excerpt: 全13話。折り返しに入った『Charlotte』第7話の感想です。 『CLANNAD AFTER STORY』を思い出す空気…
Weblog: たらさいと
Tracked: 2015-08-22 17:52


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。