【ニンジャスレイヤー19話】マリアとフジキド、その温もりは小説よりも…【感想・考察】


ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン #19「ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション PART1」

さて・・・・今回はPART1ということで、次回、PART2を観ないと色々わからないんじゃないかな〜(言い訳)って感じですw

なので比較的に確実そうなところを挙げてみると・・・・

●サブタイトルの意味

まず、サブタイトルですが、

「Truth is stranger than fiction」
(事実は小説より奇なり)

が元ネタで、

『小説よりも奇妙な得体の知れぬ人』

って感じなのだと思います。
(「stranger than fiction」って洋画もあるらしいので、そちらが本当の元ネタなのかもしれませんが・・・・)

よって、今回のサブタイは、『アガタ・マリアから見た小説よりも奇妙な得体の知れぬ人=フジキド』を指しているのだと思います。

●ストレンジャー・フジキド

どうしてそう言えるのかというと、まず、フジキドが一般人と絡むのは7話以来で、しかも忍装束でないコート姿は初めてで、非常に見慣れない(ストレンジャーな)感じです。

更に、フジキドはマリアの部屋でDVを行うダイゴを常人離れしたストレンジャーなニンジャ能力でボコると、そのまま窓から下に投げ落としました。

いくら木の枝やゴミ袋がある場所に向かってとはいえ、(部屋番号より)八階から顔色一つ変えず投げ落とすなんて一般人視点ではストレンジャーというかクレイジー寸前の行為です。

その上、フジキドはそこまでしておいて、

「ガラス代は弁償します・・・・他人のプライバシーには踏み込みません。サヨナラ」

と、(ニンジャのフジキドと下手にかかわると厄介事に巻き込んでしまうから?)早々に部屋から立ち去ろうとするストレンジャーっぷりです。

「・・・・どうかお願いです。情けない話ですがまだ恐ろしくて・・・・」

しかし、マリアはそんなフジキドにすがりつきながらこう言って、(おそらく)フジキドも久しぶりに(今ではもう見知らぬストレンジャーを眺めるように感じてしまう)人の温もりに触れ、殺伐とした心にひと時の安らぎを得るのでした。

なので、サブタイはそんなフジキドから見たマリアのことも指しているのかな〜と思ってみたりw

よって、こんな感じで聖書にも絡んでないし、今回はナンシー=サン回ではなくフジキド回なのだと思います。

●バジリスクのハイライト

あと、ファンタジーものでは有名な、石化の魔眼を持つ大トカゲ・バジリスクですが、そのハイライトが白色でした。

1〜3話レビューで書いたように、ハイライトはニンジャソウルに(心が)侵食されている演出です。

だから、バジリスクのハイライトが普通の光沢描写に見えて、最初はニンジャソウルに侵食されてないの? と思いましたが・・・・言動を見る限りどう考えても侵食されていますw

なので、少し紛らわしいですが白色のニンジャソウルのハイライトなのだと思います。

そしてそんなバジリスクに締め上げられるナンシー=サンの声が、相変わらず青少年のなんかを危なくするワザマエでしたw

といったところで、20話レビューに続きますw


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2015年08月21日 04:10 by 元会長
カテゴリに移動する| ニンジャスレイヤー |
スポンサード リンク


この記事へのコメント
説明されてませんでしたがバジリスク=サンだけはソウカイヤではなくザイバツという別組織からの抜け忍なんですよね。
あれがザイバツの色なのか彼個人の色なのかはわかりませんが。
Posted by イエローオスシ at 2015年08月21日 13:45
イエローオスシ=サン、コメントありがとうございます。

今まで大体所属によって色がわかれているので、バジリスクだけ所属が違うなら、ザイバツの色が白なのかもしれませんね・・・・エクスプロシブみたいに謎の特殊カラーになってるのかもしれませんがw

一応、良い機会なのでニンジャソウルの色をまとめてみると、

緑:フジキド
桜:ヤモト
橙:ユカノ、ゲンドーソー、弟子達
水:ナンシー

●桃
ソウカイヤニンジャ、ショーゴー、カギ
●水(濁)
クラウドバスター
ジェノサイド
リー、フブキ(助手)、マンティコア
●青
サヴァイヴァー・ドージョー
●紫
イッキ・ウチコワシ、ラプチャー
ロブスター

●金
ラオモト、ダークニンジャ
●青緑
エクスプロシブ、モーターヤブ
●なし
マスター・トータス

こんな感じです。よって・・・・

(桜と桃、水色と濁った水色など)同じような色でもヤモトとナンシーの色は綺麗な感じがするので、他のニンジャ達のとは別物だと解釈してますw
(ショーゴーとカギはヤモトの方に入れても良いかもしれませんが・・・・)

橙色はリアルニンジャの色っぽい?

水色が改造ニンジャの色だとすると、ナンシーはリーよりもっと腕の良い誰かに改造されているのかも?
(そして、クラウドバスターを改造したのはリーもしくはフブキとか?)

あと、水色や青は内面に向かう色、修行や研鑽、研究、探求の暗示・・・・なのかも。

また、金は、エジプトのファラオなどが好んで身に着けた黄金のマスクなどより、富と権力を感じさせる色です。

よって、ラオモトの金銭欲、支配欲を表した色で、寡黙な態度と裏腹にダークニンジャもそういうのを求めているのかも? といった感じです。

そしてハイライトのないマスター・トータスは、獅子舞っぽい外見だし、からくり人形とかでニンジャではない、とか。

ただ、それ以外の色が良くわかりません。ニンジャスレイヤーの緑が、間違っても植物の癒しなんて意味ではないでしょうし・・・・w

一応、成長し茂りゆく植物より「成長の暗示」なのかな〜と思わなくもありませんが・・・・。

あと、モロに三下だったエクスプロシブとモーターヤブだけ専用の青緑というのが特に謎ですw エクスプロシブがいかにもロボットな片言喋りとかだったら機械化系ニンジャなんて解釈もできたのですが・・・・。

まあ、ここら辺はまた解釈を思いついたら、その時に改めて書きたいと思いますw

こんな感じですが、宜しければまたお越し下さい。
Posted by 元会長 at 2015年08月21日 21:40
度々失礼します。
これは一応アニメでも解説されてましたが、エクスプロシブとモーターヤブとクラウドバスターはオムラインダストリという企業の所属で、ソウカイヤからの依頼で戦ってるという形です。
Posted by イエローオスシ at 2015年08月22日 02:37
イエローオスシ=サン、コメントありがとうございます。

大半のソウカイヤ:桃
ドラゴン・ドージョー:橙
サヴァイヴァー・ドージョー:青
イッキ・ウチコワシ:紫

と、だいたい所属ごとに分かれているといえば分かれていますが、ソウカイヤでもラオモトとダークニンジャが金色だったり、


●オムラインダストリ
クラウドバスター(水)
エクスプロシブ(青緑)

●ヨロシサン製薬
サヴァイヴァー・ドージョー(青)
ロブスター(紫)

と、統一されてないカラーの場合も多いので、青緑がオムラの色かどうかは微妙なところです。

もし今後、オムラのニンジャの多くが青緑になっていたなら、エクスプロシブでなくクラウドバスターを特殊カラーの例にすべきだって話になるかもしれませんが・・・・w

それに前のコメントでも書いたように、ニンジャソウルの色は所属というよりは、

金色:金銭欲、支配欲
紫色:テロ思考?
青色:ラオモトの独裁からの独立、自立心
水色:好奇心、探究心、自己研鑽
緑色:成長?

などの性格を表しているんじゃないかな〜と思っています・・・・だから、結果として、似た者が集まる組織毎に大体色分けされている、みたいな。

まあ、一番数の多い桃色とかは、考えられる要素が多すぎてもうなんの暗示なんだかわからない感じですけど・・・・w

こんな感じですが、宜しければまたお越し下さい。
Posted by 元会長 at 2015年08月22日 18:38



この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。