【ニンジャスレイヤー25話】傑作選はナラクに封じ込められたフジキドが見る悪夢!【感想・考察】


ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン #25「傑作選」

さて、いよいよラオモトとの戦いも大詰め! 最後の決着を付けるべく「ネオサイタマ・イン・フレイム PART4 ダークダスク・ダーカードーン PART2」が始まります!

・・・・と思ってたのですが、万策尽きてなくてもまさかの傑作選(全て初出し映像)でしたw

24話感想で書いたように、前回のラストで心の隙を突かれたフジキドは、それ以降ナラクに心と体を完全に乗っ取られています。

だから、フジキドの意識は今、ナラクに封じ込められていて、昏睡しているような状態になっているはずです(多分)。

よって、今回の傑作選は、

『ナラクに封じ込められたフジキドが眠った精神の奥で見ている回想、悪夢』

そんな意味合いがこめられているのだと思います。

おそらく最後のエピソードであろう「ダークダスク・ダーカードーン」で、いよいよナラクの完全体が出てきて一気に盛り上がっていこう! って時に、わざわざそれに水を差すような総集編(傑作選)を入れたのは、そんな意図があったからです・・・・きっと、多分w

普通ならどう考えたって24話と25話を入れ替えて「ダークダスク・ダーカードーン」を連続でやりますし、更に言えば最終章の「ネオサイタマ・イン・フレイム」に入る前の21話辺りに傑作選を入れるのが妥当なはずです。

もしくは23話感想で書いたように、これまでフジキドが「通ってきた道=トレイル」を描いた23話の直後に入れるなど、

『もっと相応しいタイミングがいくらでもありました。だから、わざわざ今回傑作選をしたのには、上記のような物語的な意図があったのです』

●最多(三十八回)記録?w

「キックアウト・ザ・ニンジャ・マザーファッカー」

・・・・物語的にはそんなシーンの、はず、なのですが、冒頭からひたすら三十八回の「グワー!」と二回の「アアアー!」を繰り返すアゴニィ(EDクレジットを中の人から逆引きしたので合ってるはず・・・・)が全力で笑いを取りにきますw

更に「グワー!」の半分くらいはなんだか喜んでいるような、マザーフ○ッカーらしいドMアトモスフィアを醸し出していましたw

●インガオホー

「アトロシティ・イン・ネオサイタマシティ」

今回一番気になったのは、ここで出てくるヤクザテングです。

「済まんな、本当に済まん。私は、お前達を全員地獄に送り返す。私があの日、お前達を解き放ったのだから」

"お前達=ニンジャ"だとすると凄い重要キャラっぽいのですが・・・・まあ、どれだけ重要だろうとヤモト=サンやナンシー=サンやユカノ=サンをカットするなんてあり得ないので仕方ないですね、インガオホーw

それに、物語的な意味合いでは『ナラクに封じ込められたフジキドが見ている悪夢』ですが、カットしている原作エピソードの紹介って側面もあると思うので、詳しくは原作を見て下さいってことなのでしょうw

・・・・流石にこれだけじゃ考察のしようもないですしw

●最短(十二秒)w

「ゼロ・トレラント・サンスイ」

21話感想のコメントで紹介頂いて原作を読んでいたエピソードですが、僅か十二秒しかないという不遇な扱いでしたw

まあ、原作も短めだったし・・・・ナムアミダブツ!w

●ユーレイ・ハカバ

「ユーレイ・ダンシング・オン・コンクリート・ハカバ」

このサブタイトルが「ゴースト・ダンシング・オン・コンクリート・トゥーム」じゃないのが気になりますが・・・・どうしてなのかは原作を読むしかない・・・・っぽい?w

●ショーゴー=サン生存!

「ニュー・メッセンジャー・オブ・ホワット」

相変わらずヤモト=サンが 平坦 カワイイヤッター! なエピソードでしたw

あと、4話のEDで血まみれになってなかったのでやっぱりショーゴー=サンも生きてたっぽいです・・・・まあ、命は助かっててもショーゴー=サンの後ろの何かが危なそうですが・・・・w

●まさに外道w

「デストロイ・ザ・ショーギ・バスタード」

マザーフ○ッカーと並び今回屈指のギャグエピソードでしたw

まず、いきなり王将を前線に突っ込むニンジャスレイヤー=サンがカッコ良すぎますw

しかも「ヌーン」と九回も顔芸込みで悩みまくった挙句、そこまでしておいて、

「!?・・・・イヤー! お主の将棋に付き合う気はない!」

と、相手を蹴り飛ばすニンジャスレイヤーに笑いました・・・・なんたる暴挙か!w

●????

「デッドムーン・オン・ザ・レッドスカイ」

スガワラノ・トミヒデが息子のミフネ・ヒトリ(デッドムーン)に殺されたっぽい感じで、トミヒデかミフネのどちらかが偽名っぽくて・・・・まあ、原作を読まないと全然わかりませんw

●ED考察

あと、EDが音割れしたようなノイズ交じりのような感じになっていますが、これもナラクに封じ込められているフジキドが見ている悪夢のような回想、そんな今回の演出になっているのだと思います。

そして血まみれのフユコとトチノキが切なかったです・・・・。

といったところで、今度こそ、

#26「ネオサイタマ・イン・フレイム PART4 ダークダスク・ダーカードーン PART2」

に続きます!・・・・多分w


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2015年10月02日 01:30 by 元会長
カテゴリに移動する| ニンジャスレイヤー |
スポンサード リンク



この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。