【ワンパンマン3話】ワンパンマンは『退屈』と戦う庶民の物語!【感想・考察】


ワンパンマン第3話「執念の科学者」

さて、今回はまず、サブタイトルにある"科学者=ジーナス博士"によって、もしサイタマ(ワンパンマン)が道を踏み外したら? というifのルートが示されていました。

●ジーナス博士は闇堕ちしたサイタマ

何故なら、今回ジーナス博士は

「ずっと、人間の能力の低さに疑問を抱いていた。自分以外の人間が頭の悪い動物にしか見えなかった。私にはそれが苦痛だった。
そうだ、確か十五歳の時だ。あの時私は人類を進化させ、自分の馴染める世界にする計画を思いついた。自らの手で築き上げる私のための理想郷。(後略)」

こんなことを言っていて、これってつまりは

『友達/仲間/理解者が欲しかった』

ってことなんですよね。だから、ジーナス博士もサイタマと同じく能力が高すぎるために孤立していて、

『ワンパンマンが「胸躍る戦いができる敵/ライバルが欲しい」と暴走すれば、幽遊白書の戸愚呂(弟)のようになっていたかもしれず、ジーナス博士はそんなサイタマのifのルートを暗示していました』

●サイタマとジーナスを分けたもの

では、そんな二人を分けたのは何だったのかと言うと『表面上』は、他人への興味の有無、に見えます。

友達が欲しいと願ったジーナス博士と、他人なんて眼中になくただ「スーパーの特売が大事」だと言ったサイタマを分けたものはそんな人間味の有無でした・・・・表の演出を信じるなら。

まあ、 ヒロインじゃなく野郎なので ギャグアニメでもあるので、それも良しって気もしますが・・・・流石に色々と裏の演出も混ざりだしたし、ここからはそんな裏の流れを追っていきたいと思いますw

●ギャグとの狭間で

まず、アーマードゴリラから進化の家について聞き出したサイタマは、即こちらから乗り込むことを決断します。そのあまりの速さに驚いたジェノスが「えっ?今?」と尋ねると、サイタマは

「ああ、明日は特売日だから行くの無理だしな」

と既に歩き出した後姿で答えます。

「顔=表情=心」が隠され、台詞の後半はアーマードゴリラが映されサイタマの姿自体が映されません。よって、これらはサイタマが本心を隠している演出です。

また、阿修羅モードに入った阿修羅カブトが

「(前略)強いヒーローだったら俺を止めてみろ!」

こう言い放った時、サイタマはシリアス顔で深刻そうな表情を浮かべます。更に、その後白々しいツンデレなモノローグが流れる時も「顔や目≒心」が隠され本心でないことが演出されていますw

まあ、ラストの、

「(ということは、今日が、スーパーの)特売日じゃねーかー!」

のところ(表面上は一番強い演出のところ)が、しっかりサイタマの顔のドアップになっているので、サイタマの本心はやっぱり「特売日が大事」だったとも取れるのですが・・・・。

直前まで阿修羅カブトの体でサイタマ(の本心)が隠されていたり、顔がドアップでもサイタマの目線が逸れていたりするので、ここで顔を隠すと今度はギャグとしての演出にならなくなるというギャグ方面との兼ね合いで、結果的に凄い意地悪な演出になっているのだと思います・・・・多分w

だから、強敵と胸躍る戦いがしたいとう本当の願いを隠して、ヒーローらしく人々を守らなければと思いつつ、そんな倫理観にだけ縛られていることへの反発なのか別の思いなのか、とにかくヒーローとしての思いも隠して、それでもサイタマは胸躍らない『退屈』なヒーローの仕事をし続けているのです。

●ワンパンマンの主題

よって、みんなも本当はジーナス博士のように自分の理想に沿った、理想に向かう仕事がしたいのです、当然ながら。でも、ファッ○ンな現実の様々な要因に縛られ、それとはかけ離れた『退屈』な仕事を強いられています。

しかし、それでもジーナス博士のように腐って道を踏み外すことなく、どうすれば良いのかわからなくても

『最強の敵『退屈』と日々地道な戦いを続けていく。渇きに耐えるサボテンのように・・・・』

そんなサイタマの思いが、ワンパンマンの主題になっていました。

だから、サイタマが行ったちょっとハードなだけの練習メニューをさも苦しそうに述懐するのも、(サイタマ本人の真意がどうであれ)その裏に隠された『退屈』を強調するための演出なのです。サイタマの

「一日くらい休もうかと、つい考えてしまう・・・・だが、俺は強いヒーローになるために(中略)毎日続けた」

などの台詞にもそんな意図が表れていました。

よって、一見圧倒的な力を持ちつつ、ワンパンマンは上記のような地味で庶民目線の物語なのだと思いますw

といったところで、

ワンパンマン第4話「今時の忍者」

に続きますw


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2015年10月19日 12:51 by 元会長
カテゴリに移動する| ワンパンマン |
スポンサード リンク



この記事へのトラックバック

ワンパンマン 第3話 『執念の科学者』 サイタマは如何にしてワンパンマンになったのか、その秘密が明らかに!!
Excerpt: とっても興味があります。その前には敵の科学者の生い立ちなんてどうでもいい。しかもこれゴリラのモノローグだったとは。ともかくも危険な怪人を量産する進化の家を壊滅させなければ。歩いて行った。てっきり国外..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2015-10-21 18:06


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。