【ワンパンマン5話】実はジェノスの方がサイタマの師匠だった!?【感想・考察】


ワンパンマン第5話「究極の師」

さて、ワンパンマンのサブタイトルは4話感想で書いたような命名規則になってい(ると僕は思ってい)ます。

なので、サブタイの表の意味は、ジェノスにとってサイタマが「究極の(戦闘力を持った)師」という感じですが、実は、サイタマにとってもジェノスが「(子供の頃に憧れたヒーローになるための)究極の師」だったという裏の意味が隠されていました。

前回予告でこのサブタイを聞いた時は、ヒーロー試験中にサイタマが現在の強さに辿り着けた秘訣、サイタマにとっての心の師的な何かが明かされるのかな〜と思っていましたが、そうではなかったみたいです。

では、どうしてそうなるのかというと・・・・

●ジェノスこそがヒーロー

まず、現在ジェノスがサイタマという師を得て、サイタマが求めて止まない『強敵との胸躍る戦い』を十二分に堪能しているからです。

更に言えば、完全な強さを手に入れたヒーローは真のヒーロー足り得ません。サイタマが子供の頃に憧れたのも、

『ヒーローが勝てるかどうかわからない強敵に正義の心を持って挑んでいたから』

だったはずです。

つまり、そんな精神的な強さこそが、ヒーローをヒーロー足らしめる本当の強さであり、

『強敵との戦いを経て成長していく姿』

こそが、サイタマが憧れたヒーロー像だったに違いありません・・・・多分w

だから、

『強さの次元が違うサイタマに、それでも強くなりたいと挑み続けているジェノスは、まさにヒーローそのものでした』

●サイタマだって・・・・

でも、それは、圧倒的な力を手に入れ、確実に勝てる戦いしかできなくなったサイタマには、もう得ることのできない輝きです。

しかし、戦闘力以外にも強さには様々な種類があり、多種多様な戦いが星の数ほど存在します。面接に落ちまくっても諦めない強さとか、引きこもらずにヒーロー試験に登録する勇気とか・・・・。

だから、

『上記のようなジェノスの姿を間近で見て、サイタマの心にも再び、小さな勇気が灯り始めています』

つまり、4話感想で書いたように、ボッチ気質でずっとヒーロー協会のことを知りながら登録することができなかったサイタマが、ヒーロー試験にエントリーすることができたのは、ジェノスのおかげだったのです。

何しろ、サイタマにあるのは圧倒的な戦闘力だけで、ヒーロー協会で上手くやっていく(社会と関わりを持つ)気概も、ファンクラブが出来るような社交性も、(弟子にするなんて言い訳がないと)友達を作る甲斐性も、今はまだ何もない新米ヒーロー見習いなのだから・・・・。

よって、サイタマがそれらの勝てるかどうかもわからない強敵に勇気を出して挑んでいけるかどうかはこれからなのです。

今はまだ、さり気なくジェノスにうどんの大食い対決を挑むのがやっとだったとしても、サイタマだってヒーローになれる日が、いつかは、きっと・・・・。

●二人を分けたもの

そんな訳で、サイタマとジェノスを分けたものは、外へ踏み出す勇気の有無・・・・だったのだと思います。

仮にも怪人であるカニランテを倒せる力があったのだから、サイタマがトレーニングを始めて数ヵ月後くらいに、勇気を出して設立直後のヒーロー協会を訪ねていれば、弱くても無免ライダーみたいな感じになれていたはずです。

サイタマにモスキート娘に惨敗する姿を晒してしまったのに、サイタマに嫌がられても押しかけ弟子になったジェノスのように、1話で面接に落とされまくっていても、それでも臆することなくサイタマがヒーロー協会を訪ねていたら・・・・。

だって、きっと、サイタマの最強の力は、それが目指すヒーロー像だったからではなく、もう(面接に)落とされたくなくて、負けるのが怖くて、外に出ないための言い訳の末に辿り着いた力だったから・・・・。

●細かい色々

よって、今回は、そんなサイタマを演出する色々な演出が散りばめられていました。

サイタマがヒーロー試験でハッスルしたのも、実はずっと避けていたヒーロー試験に緊張して加減ができなかった演出です。

また、試験会場から家に帰る途中で

「なんか、俺がなりたかったヒーローと違う気が・・・・」

と呟いたり、Bパートラスト付近でジェノスが

「俺は一旦出直してきます」

と言った後のサイタマの間や、立ち去るジェノスを一瞬見詰める演出、夜の闇に沈む(心の架け)橋を逆方向に遠ざかる寂しさの演出(ジェノスのサイタマに対する入れ込みもそれほどじゃないんだなと思ってしまったサイタマの心の演出)。

Cパートで部屋に押しかけてきたジェノスに大金を積まれた時の間や、その後サイタマが、

「ちゃんと歯ブラシ持ってきたか」

と返すところがマンションの近景になり、サイタマの「顔=表情=心」どころか全身が隠され(金で動いたのではなく、本当は友達が欲しかったからという)本心を偽っている演出。

でも、本心を隠そうとしても上記台詞にはサイタマの嬉しい思いが漏れ出していたり・・・・ツンデレなサイタマのバーゲンセールでしたw
(この他にも間を感じるシーンがかなりありましたし)

といったところで、

ワンパンマン第6話「最恐の都市」

に続きますw


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2015年11月02日 18:34 by 元会長
カテゴリに移動する| ワンパンマン |
スポンサード リンク



この記事へのトラックバック

ワンパンマン テレ東(11/01)#05
Excerpt: 第5話 究極の師 ヒーロー協会本部での会合。 無免ライダーはC級1位、B急に昇格したくないのか。 第55回ヒーロー試験が全国6箇所で11,644人が受験。 補充は必要だが質の低下は問題だから厳しく指..
Weblog: ぬる〜くまったりとII
Tracked: 2015-11-02 20:25

ワンパンマン 第5話 『究極の師』 試験前から話題騒然!...のジェノス。
Excerpt: サイタマとジェノス、ヒーロー登録へ。志願者1万人以上ってかなり多いですね。まあ不景気プラスヒーロー願望も手伝ってこれだけ増えたのかな。 サイタマ首から下はムキムキ。逆に顔の単純さが凄い気になりますね..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2015-11-03 13:22

ワンパンマン #05 究極の師
Excerpt: ついにヒーロー協会に登録だぜ!!
Weblog: ゴマーズ GOMARZ
Tracked: 2015-11-06 00:51

ワンパンマン 第5話「究極の師」
Excerpt: ワンパンマンの第5話を見ました。 第5話 究極の師 趣味でヒーローを始めて3年が経ったものの、自らの知名度の低さを思い知らされたサイタマはプロのヒーローとして公式に活動していく決心..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2015-11-06 21:11


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。