【ガンダム 鉄血のオルフェンズ 11話】マクギリスとガエリオも、ヒューマン・デブリ?【感想・考察】


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話「ヒューマン・デブリ」

さて、サブタイトルの「ヒューマン・デブリ」ですが、「スペースデブリ」をもじったものだと思っています。

人工衛星を打ち上げる過程で意図的に、もしくは事故で切り離されたり、本来の軌道を回るうちに人工衛星から外れたり、様々な要因でゴミとなってしまった「スペースデブリ」。

だから「ヒューマン・デブリ」も、寄る辺のない、社会の枠から外れてしまった者達という意味なのだと思いますが、昭弘だけでなく、実は色々なキャラにその暗示がかかっていました。

●意外にも・・・・

という訳で、最も意外だったのが、名門出で世界を統べるギャラルホルンの特務三佐、エリート中のエリートと思われる

マクギリス・ファリド
ガエリオ・ボードウィン

が「ヒューマン・デブリ」の暗示を受けていたことです。

二人は、

「(ギャラルホルンの現体制を担う)父上には会ったさ。そう何度も見たい顔ではない」

「何より、(ギャラルホルンの)内部にはコーラルのような腐敗の芽が育っている」
「育てたのはギャラルホルンの現体制だろ・・・・だが、その現体制の支配力こそが、ギャラルホルンそのものであるのもまた事実だ。誰も内部を変えようとしない」
「だからこそ駒が要る。現体制を揺るがす、強力な駒が」

こんな会話を交わしていて、現体制を変える気マンマンの・・・・現体制という人工衛星から外れ、ともすれば人工衛星と衝突し破壊しかねない「スペース・デブリ≒ヒューマン・デブリ」そのものでした。

お見合い話の度に逃げ出しているらしいガエリオには、よりそんな素質を感じますしw

●仇討ちに囚われて

次に ボッチ デブリ感を覚えたのが、クランク・ゼントの仇討ちに憑り付かれた、

アイン・ダルトン三尉

です。

(おそらく)始めて見るであろう青い地球になんて目もくれず、

「俺はあの少年達を討てればそれでいい・・・・その機会をくれるなら、誰であろうとついていく」

と一人呟くアインが、正規の軌道から外れてしまった「ヒューマン・デブリ」なのは明らかでしょう。

●今はデブリでも・・・・

そして火星独立を訴え、各方面で注目されているクーデリア・藍那・バーンスタインも、その実態は、これから何をすればいいかわからない、完全に正規軌道を外れてしまった「ヒューマン・デブリ」そのもの・・・・でした。

だからクーデリアは、タカキのためにメディカルケースを運んできても何も出来なくて、これまでだってずっとそうで・・・・と落ち込んでいたのです。

でも、アトラ・ミクスタが

「私は、その・・・・私には、何もできないから。だから・・・・」

と自嘲するクーデリアに、

「ありますよ、できること・・・・まずは、お見舞いです」

と言ってくれて、一緒にお見舞いに行くことができました。そしてクーデリアも、タカキの回復に立ち会い、みんなと喜びを分かち合うことができたのです。

実の家族とは、そんな関係を結ぶことができなかったけれど、鉄華団で、少しずつ、ゆっくりと、クーデリアも「ヒューマン・デブリ」から脱しつつあることが演出されていました。

また、昭弘・アルトランドも、

「(前略)楽しかったから、俺がゴミだってことを忘れてた。ヒューマン・デブリが楽しくっていい訳がねぇ。だから・・・・罰が当たったんだ!」

と、前を向いて生きることを諦めようとしていました。
(この時、何故かメリビット・ステープルトンが映され、メリビットも「ヒューマン・デブリ」である演出に見えてしまいます)

しかし、三日月やオルガ、ビスケット達に

「そっか俺達のせいで昭弘に罰が当たっちゃったんだ」
「鉄華団が楽しかったのが原因ってことは、団長の俺に責任があるな」
(中略)
「じゃあ、責任の取り方をみんなで考えようか」

こう言われ、昭弘もボッチのデブリではなく、鉄華団の一員として前を向くことができたのです。

そして、それは10話感想で、

『オルガの「家族」も名瀬の受け売りで、(今はまだ)鉄華団を家族のような繋がりにしたいという思いを押し付けているだけでしょう。鉄華団が全てなオルガと違って、ビスケットやタカキ(や昭弘)には鉄華団よりも大切な本当の「家族」がいることさえわかってないのだろうから。』

と書いていたように、そこら辺がわかっていなかったオルガが、「死に場所」ではなく「居場所」作るためにどうすればいいのか、みんなに教えて貰うということでもあって、このまま良い方向に動いてくれると信じたいところです。

国内旅行や海外旅行、世界一周どころか、惑星間航行に医者の一人も連れて行かないオルガは、みんなで支えないといけないですしw

といったところで、何だか不穏なサブタイが気になる

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第12話「暗礁」

に続きますw


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2015年12月13日 21:07 by 元会長
カテゴリに移動する| 鉄血のオルフェンズ |
スポンサード リンク



この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11「ヒューマン・デブリ」
Excerpt: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第11話を見ました。 #11 ヒューマン・デブリ 「グレイズより緊急通信。所属不明機と交戦中、数は3です」 「所属不明だと!?距離は?」 ..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2015-12-13 22:20

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第11話 『ヒューマン・デブリ』感想
Excerpt: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.11.15バンダイビジュアル (2015-12-24)売り上げランキング..
Weblog: 新・00をひとりごつ
Tracked: 2015-12-13 22:30

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話 『ヒューマン・デブリ』 マサヒロは生きていた。
Excerpt: 雪之丞のおっちゃんも大変だ。モビルワーカー専門なのにバルバトスの整備。しかも今回は宇宙船の運転まで。ブーブー言いながらもこなしちゃう…と思ったら運転できてない。しかも三日月からは回収後回..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2015-12-14 11:10

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第11話『ヒューマン・デブリ』 キャプ付感想
Excerpt: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話『ヒューマン・デブリ』 感想(画像付) 海賊がマジ残虐非道(笑) ある意味リアルね。 本当の海賊はクズの犯罪者ですから。 マクギリスの婚..
Weblog: 空 と 夏 の 間 ...
Tracked: 2015-12-14 11:40

機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ  第11話「ヒューマン・デブリ」感想
Excerpt: 「無駄ァ!」 グシオン硬すぎ! まあ武装もまだまだ強いのが出てくるのでしょう。 以下ネタバレあり
Weblog: こう観やがってます
Tracked: 2015-12-14 23:39


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。