【無彩限のファントム・ワールド10話】小説「大きな森の小さな家」と、「小さいルルの大きい夢」【感想・考察】


無彩限のファントム・ワールド #10「小さいルルの大きい夢」

さて、どうしてルルの肌が褐色なのか? それは

『今回のサブタイトルがアメリカの小説「大きな森の小さな家」をもじったものだから』

です。

まず、「大きな森の小さな家」は、西部開拓時代のアメリカで、ヨーロッパからの入植者と先住民(インディアン)が衝突する中、(新天地を目指し)新天地で暮らす白人一家の物語・・・・だった気がします、多分w

なので、アメリカでは読者の間で

白人「インディアンこえー」
インディアン「ふざけんな侵略者」

って感じの論争が起こっていたそうです(伝聞)。

●ファントムのせい?

よって、「ルル(ファントム)=インディアン」、「晴彦(人間)=ヨーロッパ人」とすると・・・・

存在を知られていなかったアメリカ大陸のように、人間とは関係なくファントムはファントムで存在していました。

なのに、阿頼耶識社の事故で人間が勝手にファントムを認識しその領域に踏み込んだのです。

それなのに(勝手にファントムを認識している)晴彦は、ルルを踏んだのに悪びれもせず開き直るし、もっとマクロな視点で見ると人類は大々的にファントム退治とかしてますし・・・・。

だから今回、ルルが人間サイズになりたいと思い晴彦達を振り回したことも、もっと言えばその他の諸々の事件も、元を正せば阿頼耶識社の一件で人類がファントムの領域に足を踏み入れたから・・・・全てはファントムではなく

『人間のせい』

という見方もできるのではないでしょうか。

前回までは、4話で温かい家庭を求めた玲奈がそんなファントムに出会ったように、

『ファントムは人の思いを受けて生まれてくる』

ものもいる(笑)、場合が取り上げられていましたが、今回はそうではないケースがピックアップされているのだと思います。

なので、ルルの褐色の肌はその衣装からアラビア系なイメージです。しかし、上記のような感じなので、実はインディアンが本当のモチーフだった・・・・のかなと思ってみたりw

といったところで、

無彩限のファントム・ワールド #11「ちびっ子晴彦くん」

に続きますw


スポンサード リンク
スポンサード リンク
2016年03月10日 20:36 by 元会長
カテゴリに移動する| 2016年アニメ |
スポンサード リンク



この記事へのトラックバック

キラキラだった/無彩限のファントム・ワールド10話感想
Excerpt:  帰宅が遅れたのでどうなるかと思ったけど、感想書きやすい回で良かった。 >拍手返信  おお、艦これを始めるきっかけになれたとは嬉しいです。イベント完遂できたことは難易度に関わらず誇っていい..
Weblog: Wisp-Blog
Tracked: 2016-03-11 00:12

無彩限のファントム・ワールド 第10話「小さいルルの大きな夢」
Excerpt: 無彩限のファントム・ワールドの第10話を見ました。 第10話 小さいルルの大きな夢 妖精型ファントム・ルルは晴彦にぞんざいに扱われたり、夏祭りでラムネを一本まるまる飲みきることであ..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2016-03-11 05:49

無彩限のファントム・ワールド 第10話 『小さいルルの大きな夢』 夏野らむねってA●女優に居そう。
Excerpt: ルル可愛いなあ。なにげにスタイルも良いし。しかし彼女には重大な弱点がある。ちっちゃい。ちっちゃくないよ!が口癖の「WORKING!」の種島ぽぷらのみたく小柄という訳じゃなくて妖精サイズ。せっかくのナ..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2016-03-11 17:52

無彩限のファントム・ワールド 第10話「小さいルルの大きな夢」 感想
Excerpt: 花火大会か… いつも遠くから眺める派ですね〜(笑)
Weblog: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記
Tracked: 2016-03-11 23:38