【俺ガイル13話】ぬれせんべいと砂糖入れ【感想レビュー】


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第13話
「だから、彼らの祭りは終わらない」

 1、2話冒頭と同じBGMをバックに最終話がはじまる。もうこのBGMが八幡のテーマにしか聞こえない(笑)。

1話
「青春とは嘘であり、悪である。・・・・青春を楽しむ愚か者ども、砕け散れ!」
「真面目に聞け!」
「い、いや、俺はちゃんと高校生活を振り返ってますよ。近頃の高校生は大体こんな感じじゃないでしゅか?」

2話
「動物は基本群れるものである。・・・・次に生まれ変わるなら私は絶対、熊になりたい!」
「まるで君は群れる事を罪悪のように言うがなぁ」..

<続きを見る・・・・>
2013年07月08日 22:50 by 元会長 | TrackBack(0) |
カテゴリに移動する| 俺ガイル |

【俺ガイル12話】やはり総まとめを書くのは凄くしんどい【感想レビュー】


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話
「それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。」

 金マーク付きたこ(?)の着ぐるみを撮る時、左の女子2人と右の子供が怪訝な表情。遠くから適当に撮る事もできた筈だが、珍しく職務に励む八幡。しかし次のハロウィン&ウィッチ(?)はだいぶ離れている。せっかく頑張ったのに顔を顰められて心が折れてるようだ・・・・イキロ(笑)。

 その後雪乃に会って明らかに不審者を見る顔をされてOPへ。

 そして場面は陽乃のステージに。前で立ち見をするスペースは空いているのに、陽乃のバンド(?)の..

<続きを見る・・・・>
2013年07月02日 20:13 by 元会長 | TrackBack(0) |
カテゴリに移動する| 俺ガイル |

【俺ガイル7話】"八幡の反応"と"座席"と"それでも"の意味【感想レビュー】


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第07話
「ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。」

 八幡のいるリビングに入り「あ〜夏休みの宿題終わった〜」と言う小町。小町は静から八幡を連れ出すよう言われており、これは八幡に対する構ってアピール。しかし八幡の方は一切見てない、とんだドラえもん狸である。

 そして八幡に千葉に行く事を約束させた小町は大型バック2個を持ってくる(大写しになったのは1個だけだが、その後足元に2個ある)。訝しがる八幡、明らかに日帰りの荷物ではない。小町に荷物や行き先について尋ねなかったのだろ..

<続きを見る・・・・>
2013年07月01日 19:50 by 元会長 | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| 俺ガイル |

【俺ガイル8話】風が吹けばボッチが増える【感想レビュー】


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第08話
「いずれ彼ら彼女らは真実を知る。」

 水着が溶けてしまいそうな(願望)夏の日差しの下、水浴びをする一行。そんな中、水着がなく1人木陰に座る八幡。そこに留美がやって来て、木を挟んだ反対側に腰掛ける。煌く水着日向と対照的な木陰の暗さ、留美の沈んだ気持ちが強調される。

 そこに結衣と雪乃がやってきて留美を気遣う。
「でも1%で良いって考えると、少しは気が楽かもね。みんなと」
と結衣が言う時映るのは、夏の日差しの中を流れる川。川は流れがありそれと折り合いをつけないと生きていけない。..

<続きを見る・・・・>
2013年06月30日 17:22 by 元会長 | TrackBack(0) |
カテゴリに移動する| 俺ガイル |

【俺ガイル11話】八幡/雪乃の心の壁と、落としの結衣【感想レビュー】


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話
「そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高にフェスティバっている。」

 八幡と結衣のクラス2年F組の文化祭準備風景。大勢が着ているオレンジのTシャツの背中には2Fの文字が。クラス用のTシャツを作るとかどんだけ余計な労力かけてるの・・・・?

 雪乃が病欠したと聞いて見舞いに行く結衣と八幡。雪乃の部屋は15階。寝る為か(と思ったが作業する為だったようだ)髪を括ってる雪乃がメチャ可愛い(確信)。

 しかし入った室内は殺伐としていた。女子が置いてそうな小物やらぬいぐるみは勿..

<続きを見る・・・・>
2013年06月24日 20:35 by 元会長 | TrackBack(0) |
カテゴリに移動する| 俺ガイル |
スポンサード リンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。