【俺の妹9話】裸足で伝えた本心。後悔の涙が心に染みる【感想レビュー】


俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第9話
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!」

 前回、黒猫から別れ話を持ち出された京介。翌日、黒猫が学校に来てないので心当たりを瀬菜に尋ねた京介は信じられない話を聞く。

「来る訳ないじゃないですか。悟史くん五更さんは、転校しちゃったんですから」

そして転校の話より何より京介の心に突き刺さったのは瀬菜の
(先輩は当然知っているものと思っていました。五更さんの)「彼氏なんですから」
と言う台詞だった。

 夕方、黒猫の家にいった京介が見たのは、黄昏の闇が佇むだけでもぬけの殻となった室内や、かつて表..

<続きを見る・・・・>
2013年06月26日 19:49 by 元会長 | Comment(3) | TrackBack(0) |
カテゴリに移動する| 俺の妹 |

【俺の妹10話】青空と夕日とエロ痛チャリ【感想レビュー】


俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第10話
「俺の妹がウエディングドレスを着るわけがない」

 OPはメルル版。「見よ我が剣技〜」青い方の武器は杖じゃなく剣だったのか(笑)。

 本編はいかにも女子の机と言った画が映され、カレンダーは8月。そこはあやせの部屋で京介は手錠をかけられ一騒動。実はここは回想。時系列的には8話くらいの話と思われる。

 次に映されたのは、ススキが大写しになるくらい地面近くから満月を見上げた夜景。丁度中秋の名月、十五夜かもしれない。場面はあやせの部屋に切り替わりカレンダーも9月になっている。かなりの時間..

<続きを見る・・・・>
2013年06月25日 19:23 by 元会長 | TrackBack(0) |
カテゴリに移動する| 俺の妹 |

【俺の妹11話】人と話す時は正面から相手の目を見て【感想レビュー】


俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第11話
「一人暮らしの兄貴の部屋に妹たちが押しかけるわけがない」

 ちゃんと話す時は「まっすぐ相手の目を見て話す」みたいな事を小学校で言われた気がする。これはアニメの演出にも当てはまって、正面顔は本気さだったり、真剣さだったり、真実っぽい感じを与える。それと比較して横顔は本気でなかったり、いい加減だったり、嘘っぽい感じを与える。あと顔がアップなほど思いの強さが強調される。今回はこれを元にレビューする事にする。

 まずは加奈子との話。京介に食べて貰うのが目的ではなく、両親との事を聞いて..

<続きを見る・・・・>
2013年06月21日 18:26 by 元会長 | TrackBack(2) |
カテゴリに移動する| 俺の妹 |
スポンサード リンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。