【世界征服〜謀略のズヴィズダー〜4話】寂しくて明日汰の布団に潜り込んだナターシャ!ロボ子は妖精?【感想】


世界征服〜謀略のズヴィズダー〜 第4話
「UDOは冷たい土の中に」

●温もりを求めるナターシャ

 冒頭は、寝静まるズヴィズダーの秘密基地を、遠く霞む犬の遠吠えが悲しげに通り抜けてゆく。そして、その声が夜のしじまに消えた後も、ナターシャ(ウーム教授)の心には犬の悲しい思いが残り続けていた。

「寂しい、私はここにいるよ」と・・・・。

だからナターシャは基地の廊下を歩いていた、朦朧とした意識とふらつく足で。

 そしてナターシャが明日汰の部屋の扉を開けると、暗い部屋の中に明日汰の寝息だけが静かに流れていた。"ずっと明日汰を見ながら"布..

<続きを見る・・・・>
2014年02月08日 02:56 by 元会長 | Comment(2) | TrackBack(2) |
カテゴリに移動する| 2014年冬アニメ |

【ノラガミ3話】願うは夜トと真喩の仲直り?天神の和歌に込められた思い!【感想】


ノラガミ 第3話「招かれた厄災」

●野良・・・・

 冒頭は、まだ町が眠りに沈む東雲の薄闇に紛れ、団地の一角にあるゴミ捨て場で、ゴミ袋の中身を漁る野良○。こう言われれば、ほとんどの人が○の中に犬か猫を入れるだろう。

 だから雪音は、○の中が『神』だった事が未だに信じられなかった。更に野良神・夜トは、ゴミの中にあった薄汚れた服を手渡してきて、

「マジでこんなの着んの?」

雪音は驚きと非難の入り混じった声を上げるのだった。

 でも雪音は、厳しい寒さに、肩を抱きながら体を激しく震わせる。そして文句を漏らしつつも着替えはじめる。

「なんで..

<続きを見る・・・・>
2014年01月25日 03:56 by 元会長 | TrackBack(0) |
カテゴリに移動する| 2014年冬アニメ |

【ノラガミ2話】夜トは野良コン?ポストに佇む雪音の心残りは手紙?【感想】


ノラガミ 第2話「雪のような」

●ひよりは前向き!

 冒頭は、温かい浴槽に浸かりながら、気持ち良さそうに眠る壱岐ひより。浴槽の縁に両腕を置いて、その上に頭を乗せている。吸い込まれるくらい艶やかな漆黒の髪と、弾けるような純白の柔肌を、雫となった湯気達が賑やかに伝い降りていく。

 そんなひよりを突付こうとしたり、すり抜ける手を何度も突っ込んでみたり、興味津々のひよりの霊体。また、シャンプーの泡で猫耳を作ってみたり、それなりに霊体生活を楽しんでいるようだ・・・・ひよりが 若干アホの子 前向きな子で良かった(笑)。

 でも、霊体で..

<続きを見る・・・・>
2014年01月17日 23:38 by 元会長 | TrackBack(0) |
カテゴリに移動する| 2014年冬アニメ |

【ノラガミ1話】尻尾はひよりの恋心!五円(ご縁)を求めそれを掴んだ夜ト!【感想】


ノラガミ 第1話「家猫と野良神と尻尾」

●モブの子が可愛い(笑)

 冒頭は中学校の教室。受験シーズンでストレスが溜まり、不満、鬱憤、焦燥、そしり、そんな負の感情が渦巻いている。不幸にもそれが聞こえてしまい、自分の席で恐怖に顔を引きつらせ縮こまる金髪ツインテールの女子生徒。

 クラスのあちこちから聞こえる誹謗中傷だけでも泣きそうだった。なのに、教室の窓のすぐ外にナマズ顔の巨大なアヤカシまでが現れ、

「「「「マジうざい」」」」

と口を揃えて悪意を叩きつけてくる。女子生徒にしか聞こえない声で、女子生徒にしか見えない姿で。

 そのアヤ..

<続きを見る・・・・>
2014年01月17日 12:51 by 元会長 | TrackBack(0) |
カテゴリに移動する| 2014年冬アニメ |

【世界征服〜謀略のズヴィズダー〜1話】偉人か極悪人か?補助輪を外しケイトを世界征服に導いた明日汰!【感想】


世界征服〜謀略のズヴィズダー〜 第1話「人類皆征服」

●世界征服、その後

 冒頭は、コンクリートの墓標が並ぶ廃墟の町。一面に瓦礫の献花が敷き詰められている。動くもの1つない、征服者達(つわものども)が夢の跡・・・・。

 そんな町の大通り跡を、1人の男が歩いていた。大通りには、等間隔で巨大な何かの記号が描かれていたが、損傷が激しくもはや原型を留めていなかった。しかし男は知っていた。それが偉大なるヴィニエイラ様の、ズヴィズダーの紋章であるという事を。

 そして大通りの終点、一段高い広場に立つヴィニエイラ様の像の前にくると、おも..

<続きを見る・・・・>
2014年01月17日 00:11 by 元会長 | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| 2014年冬アニメ |
スポンサード リンク