【デス・パレード12話】死と再生=デキムに感情が芽生えた意味。そして…【感想・考察】


デス・パレード #12「スーサイド・ツアー」

冒頭、デキムはクイーンに知幸の記憶を送って欲しいと電話します。

この時デキムのいるバーカウンターは色褪せていて、感情を理解できない、色彩を欠いているデキムの心が演出されていました。

また、デキムが電話で話す時も、相手のクイーンが映されず、話し終わり受話器を置く時もデキムの手元しか映されません。これは本来映るべきものが隠されている≒デキムが知幸に本心を隠して悪巧みしている演出です。

その後デキムに知幸の記憶、生きた証である輝く石板の内容が送られてきます。それを受け取ったデキムは、..

<続きを見る・・・・>
2015年03月30日 01:50 by 元会長 | Comment(2) | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| デス・パレード |

【デス・パレード11話】マユが教えてくれた「人生の意義」の意味!【感想・考察】


デス・パレード #11「メメント・モリ」

さて、今までデス・パレードは『良い人生とは何か?』を探求する物語だとして色々考えてきました。確かにその解釈で間違ってはなかったのですが、捉え方が曖昧すぎて解釈に齟齬が生じてました。今回、やっとそれに気づけたので、まずはその話をしていきたいと思います。

●二つの基準

今まで『良い人生とは何か?』と言いつつ、その判定基準の大半を『倫理的かどうか』に頼ってしまっていました。でも、もう一つ大事な要素が含まれていました。それが

『有意義かどうか』

です。

それについて1〜2話レビューで、

「因みに..

<続きを見る・・・・>
2015年03月22日 21:46 by 元会長 | Comment(2) | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| デス・パレード |

【デス・パレード10話】ノーナの目的は人間になること!裁定者は元人間【感想・考察】


デス・パレード #10「ストーリー・テラー」

さて、10話を観て『裁定者は死後天国にも地獄にも旅立てなかった元人間』って気がしてきました。なので今回は、どうしてそう言えるかを見ていきたいと思います。

●目覚めの場所

冒頭、2話で知幸がはじめて目を覚ましたのと同じ場所で、デキムもはじめて目を覚ましたことが明かされます。

知幸は自身の死を自覚していたためゲームに誘導できず、その記憶を消されたあとそこで目覚めました。

ならデキムも同様に、死を自覚していて裁定できなかったために裁定期間をすぎ『人形』になってしまった元人間で、目覚めた..

<続きを見る・・・・>
2015年03月16日 02:56 by 元会長 | Comment(2) | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| デス・パレード |

【デス・パレード9話】辰巳は誰も殺してない!非情を貫き天国にいった刑事【感想・考察】


デス・パレード #9「デス・カウンター」

今回、辰巳と島田の両方が地獄いきかに思えましたが、多分辰巳は『直接的には』人を殺していません。よって、辰巳が天国いき、島田が地獄いきです。

なので、どうしてそう言えるのかを細かく見ていきたいと思います。

●島田の死因が明かされない

まず、これまでと確実に異なるイレギュラーがありました。それは島田の死ぬ瞬間の記憶が蘇らなかったことです。

今回の二人が二人とも地獄いきだったのか?など、曖昧に誤魔化された部分と違い、ここだけは明確に確定しています。

確かに島田は妹の仇に反撃され、脇腹を刺され..

<続きを見る・・・・>
2015年03月08日 12:46 by 元会長 | Comment(5) | TrackBack(3) |
カテゴリに移動する| デス・パレード |

【デス・パレード8話】島田が天国いきだと言える三つの理由【感想・考察】


デス・パレード #8「デス・ラリー」

さて、八話は初の一話未完結、謎がてんこ盛りの導入回でした。なので、今回は島田と辰巳のどっちが天国いきかを予想したいと思います。

●メッタメタな話w

そこでまず、人を殺しても天国にいけるシチュエーションを考えます。それってどんな場合でしょう?それは、

『誰かのために自殺』

です。それ以外はちょっと思いつきません。

例えば「天 天和通りの快男児」の最終巻ではアカギがアルツハイマーにかかり、それを儚んで自殺します。でも、そんな理由では道義的/倫理的な意味で、自殺を擁護できません。

BピーOとか、ピ..

<続きを見る・・・・>
2015年03月01日 11:43 by 元会長 | TrackBack(3) |
カテゴリに移動する| デス・パレード |
スポンサード リンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。