【神様はじめました◎ 12話】ロリコンは濡れ衣!大人の奈々生に求婚していた巴衛【感想・考察】


神様はじめました◎ 12「神様、求婚される」

さて、今回は巴衛が奈々生を後ろ向きに助け、奈々生も巴衛を後ろ向きに助け、でもお互いちょっとだけ先に進めたよね、みたいな回でしたw

・記憶の世界で迷った奈々生を連れ戻す
・年神の羊の毛を刈る

構造としては、この二部構成になっていて、この二つのイベントが互いをなぞり、表と裏のように対になり絡み合っていました。

といったところで、本編を細かく追っていきたいと思います。

●奈々生の心の奥底にあったもの

「十二年前の奈々生は、俺の知らない顔をしている」

OP明けて、巴衛が記憶の世界で子供となった..

<続きを見る・・・・>
2015年04月05日 17:03 by 元会長 | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| 神様はじめました◎ |

【神様はじめました◎ 11話】霧仁の心で燃える巴衛への思い!すれ違う奈々生と巴衛【感想・考察】


神様はじめました◎ 11「神様、こどもにもどる」

さて、今回のサブタイトルは述部が全部ひらかなです。もし普通に「子供に戻る」だと高校生の奈々生が意図的に子供に戻ったという含みになります。

なのでそうなっていない今回のサブタイには、偶然、気がついたら子供になっていた、そんな含みが込められています。

・・・・巴衛とのすれ違いから逃避するために幼児退行してしまったって可能性もありますが・・・・最終的な判断は最終回を見てからってことでw

●最終回のサブタイの意味

一方、次回12話のサブタイは、述部が漢字表記になっています。よって次回..

<続きを見る・・・・>
2015年03月28日 23:57 by 元会長 | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| 神様はじめました◎ |

【神様はじめました◎ 10話】桜と共に舞い散る思い。奈々生と二郎の恋心【感想・考察】


神様はじめました◎ 10「神様、告白される」

さて、9話レビューで書いたように「天狗道場=巴衛(と鞍馬と二郎)の心」の暗示です。そして前回そのほとんどを奈々生色に染めましたw

でも、巴衛達の心にはまだ封印された秘密の部屋が隠されていました。だからその部屋も探し出して、みんなの心の問題を解決しよう!、というのが今回のお話です。

●二郎の封印された心

冒頭、奈々生が金色に輝く退魔結界の中に白札を飛ばし、僧正坊の魂が隠された部屋を探します。

でも、白札はある部屋の壁に張りついて止まってしまいます。そこが隠し階段の入り口だったのです..

<続きを見る・・・・>
2015年03月21日 22:43 by 元会長 | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| 神様はじめました◎ |

【神様はじめました◎ 9話】偽りの巴衛の心を、奈々生色に書き換える!【感想・考察】


神様はじめました◎ 09「神様、ふいうちをくらう」

さて、今回の話で、非常に大きな問題が出てきました。それは、

『今、巴衛って本当に神使なの?』

ということです。どうしてそんな話になるのかというと・・・・

●変装の意味

前回、天狗達の道場に潜入するため、奈々生と鞍馬が変装し、巴衛が神使の正装になりました。

これらは「本来の服装ではない=本心を偽っている」暗示です。

だから前回、奈々生は『もしかして』私のこと好きなの?なんて言い方をして、巴衛はたぬ子と間違えたなんて苦しすぎる言い訳をして、奈々生はそれを聞いても平気なフリをしたので..

<続きを見る・・・・>
2015年03月15日 12:41 by 元会長 | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| 神様はじめました◎ |

【神様はじめました◎ 8話】奈々生、巴衛に恋の潜入しちゃいます!【感想・考察】


神様はじめました◎ 08「神様、潜入する」

さて今回のサブタイトル、表の意味では奈々生が天狗道場に潜入したことを指しています。でも、その裏には、

『奈々生が巴衛の心の中に潜入した』

という真の意味が隠されていました。あと、鞍馬の心にもちょっとだけ潜入していたりw

よって、今回はそこら辺を細かく見ていきたいと思います。

●二郎の負けフラグ

まず、OP前後で二郎が奈々生に絡んできます。そこで奈々生に「ろくでなし」呼ばわりされるし、その後の流れからも、攻略対象キャラではなかったようです。

前回の最後では桜が舞い散る演出に望みを繋ぎまし..

<続きを見る・・・・>
2015年03月08日 00:34 by 元会長 | TrackBack(1) |
カテゴリに移動する| 神様はじめました◎ |
スポンサード リンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。